公認会計士と税理士って違うの?

事務所について:公認会計士と税理士って違うの?

公認会計士と税理士って違うの?
公認会計士は何をしてくれるのですか?

三大国家資格のひとつとされる公認会計士は「監査」の専門家です。
会計士の独占業務である「監査業務」とは、企業が作った決算に関する書類などが適正であるかどうかを第三者的な立場から評価する業務です。
公認会計士が監査を行うことによって不正や間違いを防ぎ、企業等にとって大切な「社会的信用」を支えます。

では税理士は?

税理士の独占業務として、「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」の3つがあります。
税理士は、税金の申告を円滑で正確に行うために、個人や企業の納税をサポートする「税務」の専門家です。

この事務所はどっちですか?

当事務所は税理士法人なので、税理士業務とそれに付随するサービスのみを提供しています。
その他の公認会計士業務は公認会計士事務所で行うことになります。